複雑で専門性の高い「船舶金融」をクリック1つで!

舞台は「世界」です。世界各国にある船舶案件の中から、市場の動向、船の価値、取引先の与信力をみて「これは!」と思うものを厳選。船会社と交渉、英語の各種契約書は当然のこと、海事法、船舶登記、抵当権設定、保険など「船の専門知識」をフルに駆使して投資案件を商品化します。

Maritime Bank(マリタイムバンク)は、今までプロの大口投資家にしか開かれていなかった船舶投資のドアを皆様のために開くことで社会に貢献いたします。

日本を、そして世界を豊かにする船に小口から投資できます

スーパーに並ぶフルーツ、食パンの原料の小麦、電気を作る天然ガス、プラスチックの原料となる石油化学製品、鉄鉱石に天然ゴム・・・日本はこれら全てを海外からの輸入に頼っています。そのうち飛行機で輸入される物量は全体のたったの0.4%にすぎません。
輸入物資の実に99.6%は船によって輸送されています!
私たちの生活に直結する船に今まで投資する機会はありませんでした。

海運業界に押し寄せる新しい波

グローバル社会の今、世界の生産地と製造工場と消費者は1つにつながっています。国際貿易の増大に伴い世界の船は増加する一方で船舶業界は大きな転換期を迎えています。かつてトップシェアを誇った日本の造船は中国 ・ 韓国に取って代わられ、運賃相場が実体経済にリンクしない新しい常態下のビジネスモデルに、伝統的な銀行は対応出来ていません。海運業界は時代にマッチした船舶の最前線に対応できる銀行の登場を待ち望んでおり、実際に海外では新しい船舶ファイナンスが芽生えています。

船舶と金融のプロが運営

金融のプロだけでは新しい船舶案件について行くことはできません。海運のプロだけでは高度な船舶ファイナンスはできません。ファンドのプロだけでは船舶案件そのものができません。私たちMaritime Bank(マリタイムバンク)「ファイナンス × 海運 × クラウドファンド」のメンバーが手に手をとりあい日本に新たなバリューイノベーションを創ります 。 Maritime Bank(マリタイムバンク)は海運一筋の株式会社オーシャントラスト(詳しくはこちら)グループの一員です。

変化の激しい時代に多様なポートフォリオを

2020年、新型ウィルスは世界を誰も想像できなかったものに変貌させました。多くの人が辛い思いをする実態経済の環境下にも関わらず、株価は高騰しています。世界は複雑です。何が起こって 、 なぜそうなるのか理解ができない世の中です。予測できない将来に備えて、船舶の価値に裏付けされた日本初の船舶小口投資をあなたの投資ポートフォリオに入れて分散投資してみませんか?

情報豊富なマイページ

投資した船はどういう形で、どんな様子で、今どこにいるのか。充実したマイページでご確認いただけます。
申込状況、投資中の案件情報や取引履歴等を表示、各種設定やお手続も可能です。

デバイス画像

3Dで見れる投資案件

船アイコン

船舶を3Dで再現。クリック・タップ等の操作で様々な角度から船舶を眺められます。

船舶が詳しく分かる写真

船舶アイコン

船舶の写真を多数掲載。外観だけでなく、内部の写真もご覧いただけます。

船内装等写真

マップで確認できる運航状況

地図アイコン

昼夜問わず航行し続ける船、GPS情報により世界のどこで活躍しているのかリアルタイムで把握できます。